So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨセフを知る一族 [幸せの種]

今朝の出来事です。
お散歩の途中でいつものようにお気に入りの桜の樹に身体を預け
目を閉じて風のそよぎや辺りに漂うこの時期の香りを愉しんでいました。
続いて目を開け、気持いいなぁ・・・と思いながら枝葉を見上げていると
10歳ほど年上と思しき女性から「おはようございます」と声をかけられ
ハッと我にかえりました。

ご挨拶をしながら、あらら?いつから見られていたのかしら?と
一瞬気恥ずかしさを感じたのですが
(幹に背をつけて立ったまま目を閉じているといかにもアヤシイ人なので・・・)
そんな些細な事などすぐにどうでもよくなってしまいました。
なぜなら「ここ、いいですよね?私もたまに背中をくっつけて上を見上げているんですよ」と
予想もしなかった言葉が続いたからです。

桜の時期にはいつものその場所にしては沢山の人が集まり
この樹の傍でお花見を愉しんでいます。
そんな場面を見るにつけ、愛されている樹なのだなぁと嬉しく思っていたのですが
幹に背中をつけている人は今まで一度も見たことがありませんでした。
それだけに、お仲間がいた事が意外でもあり
やはり私だけではなかったのね?と何故か誇らしくもあり
大きな喜びが全身を駆け巡ったのです。
あの樹を私と同じように愛する人が居ることを
こんなにも嬉しく感じるとは今日まで思いもしませんでしたが・・・

たった一分足らずの出来事です。
ほんの二言三言、言葉を交わしただけのことなのですが
心がふわっと拡がり
お互いの境界線を越えて交流したのを感じました。

モンゴメリ著 ”赤毛のアン” シリーズの中でアンは
自分と同じ型の人のことを『ヨセフを知る一族』と表現しています。
今日声をかけて下さった方は、まさにその一族の匂いがしました。(笑)
もう二度とお目にかかることは無いかもしれませんが
それでも出逢えたことが嬉しかったです。
そして、もしも運よくまた会うことが出来たなら
その時は今日感じたことを裏付ける根拠が見つかるはずだと思っています。

今その樹は微妙に違う赤色の装飾品を沢山身に着け
風に揺れて穏やかに笑っています。


..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*: ..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*: ..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:

この記事を書きながら
ふとRCサクセションの『わかってもらえるさ』の歌詞が頭に浮かびました。

”気の合う友達って沢山いるのさ
今は気づかないだけ
街ですれ違っただけでわかるようになるよ”

あ、この人きっと私と同じ型の人だ!と分かった時のあの感覚
そんな心躍る瞬間との出逢いが私は好きなのだなと
今日の出来事と重ねてこの曲を聴きながら改めて思ったのでした。




nice!(42)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 42

コメント 10

sae

もしかしたら・・今後・・腹心の友になる可能性も(笑)
おなじものをおなじように愛する人がいた喜び。よくわかります。
私も月が好きな人を見つけると嬉しいし。
私は月を見上げることでパワーをもらったり、季節も感じているんだろうなぁ。。^^
by sae (2014-05-24 09:07) 

solty

逆の型 の人はワリと簡単に見分けられるのですけどね♪
by solty (2014-05-24 17:29) 

akipon

「わかってもらえるさ」はいつか使いたかったネタなんです。
ただ出すタイミングというか、状況が難しくて・・・ちなみに
「君が僕を知っている」はまんまタイトルをパクったことあります(笑)
実はその2曲って、自分の中でリンクしちゃうんですよねぇ。
いつも本題から外れてしまってすいません・・・
by akipon (2014-05-25 04:05) 

engrid

ふわりと心に明かりが灯る、そんな一瞬
共鳴共振して、たくさんの言葉は要らないです
そこにともに、居て感じた、偶然でなく必然だったのでしょうか
by engrid (2014-05-25 09:22) 

sheri

その方とまたお会い出来るといいですね。
私も時たま変な場所で変なことしちゃいますのでわかります。

そうそう、朝ドラの原作読みました。
ドラマとは全然違いますね。
それでも、それはそれで別なものとしてドラマを楽しもうと思っています。
白鳥かおる子さま、もう出てこないのかしら??(笑)
いい味出してたんだけどな。

赤毛のアンシリーズもまた再読しはじめました。
by sheri (2014-05-25 16:06) 

Sizuku

皆様、コメントありがとうございます(^^)
今日の午後、一度お返事を書いていたのですが
何故か気前よくパッ!と消えてしまいました( ;∀;)
もうガッカリ・・・(´・_・`)

でも、多分それにも意味があるのでしょう!
気を取り直してもう一度トライします。
今度は消えませんように・・・(;人;)

>saeさん
そうですね♪腹心の友になれる可能性も^^
そう考えるとワクワクします。
自分と同じ事が好きなのだなと感じる方との心のふれあいは
たとえそれがほんの少しの時間であったとしても充分に
満足感が得られるものなのだと実感しました(*^^*)

saeさんも3年ぶり(?)にバッタリお会いしたという方とは
お月様繋がりなのかしら?と想像を膨らませつつ記事を拝見しました♪
早朝のドライブは私もしてみたいなぁと思ってしまいましたよ?^^
富士山・ネモフィラ・ポピー、いずれも素敵でした(^^)♪

>soltyさん
フフフ♪ soltyさんらしさを感じるコメントに
またクスッと笑ってしまいました(^m^)

私も逆の型の人を見分けるの、得意です。
覚えている限りでは、幼稚園児の頃からその能力に長けていました。(笑)
ただ、自分とまるで違うタイプの人だと思い込んでいた人の中に
共感できるところや自分と重なり合う部分を見つけると
それはそれで嬉しかったりもするのです。
かと言って仲良くなれるかと言えば、それはまた別の話なのですが・・・(^^;

>akiponさん
いつも細やかなお気遣いありがとうございます^^
ですが、どうぞお気になさらずに♪
書きたいと思った事があった時のみ、自由にお書き頂けたら嬉しく思います(^^)

そうでしたか!『わかってもらえるさ』を使いたいと思っていらっしゃるのですね?^^
『君が僕を知っている』とリンクするという感覚、すごくよく分かります。
私もどちらかを聴くとどちらかを連想し、続けて聴きたくなりますので♪
akiponさんの記事でこの曲と再び出逢えることを楽しみにしていますね。

そう言えば、いつだったかakiponさんの記事を拝見したあとに
『feel so bad』が無性に聴きたくなって聴きました。
(記事を読んで気分が悪くなった訳ではありませんよ?念のため 笑)
記事の中に何か連想させるキーワードがあったはずなのですが・・・
ごめんなさい!それが何だったか忘れてしまいました(^^;
by Sizuku (2014-05-26 20:28) 

Sizuku

つづきです。

>engridさん
短い言葉の中に沢山の想いが詰まっているコメントにじーん・・・
その時お会いした方との間にも短い時間の中
言葉以外の部分で交流していた感覚と満足感があったのですが
engridさんのコメントを拝見していると、あの時の私の気持を
細やかにキャッチして下さっていることが伝わってきて
一方的な感想になってしまいますが、私達の間にも
言葉以上の交流があったように感じられ、ほっこりいたしました(*^^*)
伝わるのは言葉の奥にある想いなのだなぁと改めて感じます。

>sheriさん
フフフ♪ sheriさんも人目を気にしてしまうような"何か"をなさっているのですね?^^
はい、またお目にかかれるといいなと願っています。

原作読み終わりましたか♪ やっぱり全然違いますよね?
すぐになんでも忘れてしまうので自分の記憶が信用できなくて・・・
違うとお聞きして、今かなり安心しました。(笑)
私もドラマはドラマとして楽しく見ることが出来ています(^^)b

再読されているのですね^^ アンは私も折に触れ読み返したくなります。
毎回心に触れる部分にえんぴつで線を引いていくのですが
読む度に違う線が増えていくところが私にとってのアンの魅力です♪
by Sizuku (2014-05-26 20:48) 

想也

お久しぶりです^^
大きな樹に体をあずけて、ゆるやかな風や季節の匂いを感じること、
ボクも、とっても好きですよ。
ボクも『ヨセフを知る一族』でしょうか?^^
(アンは読んだことがないんですけどねσ^_^;)

by 想也 (2014-06-01 13:33) 

コノハナ

こんばんは。

歌聞きました。清志郎さんの言葉は、自分の言葉として語っているから、素直に伝わってくるなあって感じました。

同じ型の人、という表現、最近語り合った友人も使っていました。

「木や景色を美しいと眺められる人は、実は忘れたい何かをも胸に秘めている人だと思う」、とも言っていました。

美しい表現だなって思いました。

あ、多分私も同族ですね~^^
いつも素敵な言葉のプレゼントをありがとう☆
by コノハナ (2014-06-01 20:12) 

Sizuku


>想也さん
こちらこそご無沙汰しております。
お立ち寄り下さりコメントもありがとうございました♪
そのお気持がとても嬉しかったです^^

そうですか!
想也さんも樹に身体を預けて過ごすことがお好きなのですね?(*゚ー゚*)
それはもう、間違いなく 『ヨセフを知る一族』 ですよ♪
(男性はなかなかアンの物語とはご縁が無いと思います(^^)b)

気持ちいいですよね?^^
同じ気持の方がこちらにもいらっしゃると知って嬉しくなってしまいました(^^)
急に暑くなってしまいましたが、夏の夕暮れ時に蝉しぐれを聴きながら
大きな樹の下で夕涼みも良いですね♪♪♪

>コノハナちゃん
いつもお立ち寄り下さり、コメントもありがとうございます(^^)

曲も聴いて下さったのね^^
そうなのです!私にとってキヨシローさんの歌詞は
そのままの心を言葉にしていると感じるので心に響くのです。
誰の周りにもある、一見なんてことない素敵を歌っていたりもして、そこが好きです♪

お友達と素敵な時間を過ごされていたとのこと^^
そしてその中で同じ表現が出ていたなんて・・・興味深いです。

コノハナちゃんはもちろん同族よ~♪
私にアンを押し売りしてくれたのもコノハナちゃんでしょ?(笑)
おかげさまで約30年、アンの世界を愉しむことが出来ています。
そして、モンゴメリがもし今この時代に生きて出逢いのチャンスがあったなら
絶対に腹心の友になれると信じている私です。
それ位共感できるモンゴメリとの時を超えた出逢いのきっかけを与えてくれた
コノハナちゃんには感謝してもし足りません。
改めて・・・ありがとうございます(*^^*)
by Sizuku (2014-06-02 17:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0