So-net無料ブログ作成
検索選択

きっかけ [やまとうた]


新しき流れの中に入らむと窓開け放ち風招き入れ

さようならかすかに残る君の跡消したくないというこの想い

ジャンプ台古き自分を飛び越える機会となりし朔旦冬至


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.... *.....*.....*.....*


先日突然訪れたkano(愛犬)とのお別れから今日までの間
ふと気づけば心ここに在らずで
なんとなく一日を終えている時がありました。

そんな暮らしの中にあって
日に日に薄れゆくkanoの気配
この家に彼女が居た頃の感覚が
私の中から跡形もなく消えていく事が怖くて
それを繋ぎとめようと時の流れに抵抗していたのです。

でも本当は分かっています。
それは執着であって愛ではないと...
そろそろ潮時だなと感じていました。

少し話は遡りますが・・・
火葬場での出来事です。
最後のお別れを終えて炉の扉が閉められた時
一瞬にしてスイッチが切り替わり
パチンという音まで聞こえた気がしました。
あんなに胸が張り裂けそうだったのに
良い意味で諦めがつき
ようやく現実を受け止める事が出来たのです。

自分では断ち切れない想いを抱えている時は
気持の区切りをつけるために
きっかけとなる何かが必要なのだと気づかされました。

これから少しずつ伸びてゆく陽の光と
新たに始まる自然のサイクルに心を同調させたことで
kanoも私も自由になる道を歩き出そうと心が決まった今日...
今年の冬至はそんな一日でした。


nice!(22)  トラックバック(0) 

nice! 22

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。